業界最高峰 年間10,000件の修理実績 初期費用0円 見積料0円 修理不可0円

会社概要

ヒアリングシート

公式サイト



お電話はこちら


メールはこちら

基盤修理のお問い合わせはこちら (一般家電製品及び個人向け電子機器は対応しておりません)

お電話はこちら

■東京本社
TEL : 03-3960-8096

■関西支店
TEL : 078-855-3985

■九州支店
TEL : 093-512-9730

■名古屋支店
TEL : 052-756-2096

■西日本支店
TEL : 086-456-0610

■上海支店
TEL : 86-21-3980-8180

×

各部門のスペシャリストが対応

  • 修理成功率 96.8%
  • 累計修理件数 20万件
  • 平均修理期間 7日間
修理が成功しなかった場合は
修理代金を頂きません!
ラヴォックスが誇る全技術者は、電子回路開発者出身。開発者目線だからわかる、「修理方法」「壊れやすいポイント」「壊れる前の対策」メーカー様でもお手上げの、 保証期間・部品・図面のない大切な機器を、基板修理・復刻で蘇生いたします。

基盤修理

01
海外製品でも
修理対応いたします!
国内・海外にわたる独自のネットワークで、修理に必要な製品情報や交換部品を迅速に入手できます。海外製品の修理も安心です。
02
メーカー保証切れ
回路図なしでも大丈夫!
独自のノウハウと長年の経験で基板の故障を解析し修理します。基板修理で機械を蘇生するため、買い替えによる新規設備の導入は必要ありません。
03
機械のトラブルを
スピード解決致します!
故障原因の多くは「直せない」と言われている基板のトラブル。長年培ってきた経験とノウハウで原因をすばやく解析し、基板からサーボアンプまで修理します。

修理対応実績(一例)

  • 各種基盤CPU基盤
  • AC/DC電源
  • AC/DC
    サーボアンプ・ドライバー
  • AC/DC
    サーボモーター
  • PLC
    シーケンサー
  • インバーター
  • パソコン
  • モニター
  • タッチパネル
  • コントローラ
  • 無線機
  • 制御装置

取扱メーカー(一例)

  • 三菱電機
  • 富士電機
  • 岡本工作機械製作所
  • オムロン
  • オリエンタルモーター
  • 山洋電機
  • シーメンス
  • ジェイテクト
  • 住友重機械工業
  • 多摩川精機
  • デンソーウェーブ
  • ハーモニックドライブ
  • パナソニック
  • 三菱重工業
  • 安川電機
  • 横河電機
  • ABB
  • Proface
  • RELIANCE
  • NEC
基盤修理のお問い合わせ
※一般家電製品及び個人向け電子機器は対応しておりません

故障解析

開発設計

新たな製品開発でお客様のあったらいいなを形にします。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

開発設計の事例はこちら
×

故障原因解析

どこの電子部品がなぜ壊れたのかを分析することで、メーカー様でも直せないような故障も修理し、必要があれば対策のための製品を開発設計。今後の予防保全にも活用することができます。

故障原因解析の事例はこちら

パワーターミナル動作不具合

■対象装置

置 UNI-WIREシステム パワーターミナル

使用環境

・2003年より稼働、約13年使用。
・年末年始、夏季休暇以外は24時間連続稼働。
・温湿度管理がされていない室内設置で、夏は高温多湿(30℃超、60%超)、冬は低温乾燥の模様。



■不具合内容

本装置にDC+24V電源を入力しても、POWERランプが非点灯、かつ、出力信号が出ない。



■原因解析

・解析前不具合現象再現確認
・不具合原因特定解析
・積層セラミックコンデンサ 焼損原因解析
・外観検査
・静的特性検査
・I-V特性検査
・発熱解析
・破壊内部解析:X線画像検査
・破壊内部解析-1(外観パッケージ開封):実体光学顕微鏡検査
・破壊内部解析-2(断面剥離):実体光学顕微鏡検査



■考察

原因解析より考えられることを下記に整理する。
1. POWERランプが非点灯、かつ、出力信号が出ない不具合現象の原因は、DC+24V電源ラインに搭載されている積層セラミックコンデンサ(Type 105シリーズ)の故障と考えられる。
2. 積層セラミックコンデンサ(Type 105シリーズ)の故障内容は、上記「静的特性検査」「I-V特性検査」より内部の短絡による故障と考えられる。
3. 内部の短絡の発生箇所は、上記「発熱解析」より、外観裏面側の上面付近の内部にて発生したと考えられる。
4. 内部の短絡が何故発生したのかは、上記「非破壊内部解析:X線画像検査」「破壊内部解析-1(外観パッケージ開封):実体光学顕微鏡検査」「破壊内部解析-2(断面剥離):実体光学顕微鏡検査」より、内部構造体の焼損、炭化、クラック、破壊痕、積層部分の溶融より、過大な電流が瞬間的に流れたものと推測される。
5. あくまでも推測の域を脱し得ないが、DC+24V電源ラインに、過大なインパルス電流、若しくは、サージ電流が重畳してしまい、まず積層部分の溶融が始まり、溶融により短絡状態が引き起こされ、短絡により焼損、炭化、クラック、破壊に至ったものと推測される。

×
故障解析のお問い合わせ
※一般家電製品及び個人向け電子機器は対応しておりません

予防保全

出張サービス
一時的にしか製造ラインを止められない。メンテナンスしたいけど基板を送れないなどの理由でお困りの際は、お気軽にご連絡ください。現地でのメンテナンス作業、基板長寿命化が可能です。

基盤予防保全メニュー

01

パワー半導体素子交換

一般的に電流が多く流れて熱を持つので、
長期間使用によりゲート層が疲労劣化が進む
独電源系や大電力回路又は大電流回路に用いている部品の新品交換故障を解析し修理します。基板修理で機械を蘇生するため、買い替えによる新規設備の導入は必要ありません。
03

コンデンサ容量検査・新品交換

電子部品の中で最も弱い部品。通電電流、
環境温度により劇的に劣化が進む
容量が抜けかけている(劣化を認めた)物は新品交換特に電解コンデンサ、タンタルコンデンサ等
05

洗浄

長期間使用により各種の汚れが付着して
短絡等の故障原因になる
洗浄剤によるフラックス汚れ・腐食・粉塵・湿気等を除去
07

データバックアップ

不慮の事故・災害によるデータ消失に備える
データを専用システムで扱い出して、
同型の新ROMに書き込みを行う
02

リレー及びフォトカプラ検査

機械式接点又は光学部品は
長期間使用により劣化し易い
リレー及びフォトカプラを弊社専用検査装置にて検査を実施。故障又は劣化を認めた物は新品交換いたいます。
04

ハンダ再生

長期間使用によりハンダ部分の
劣化、亀裂、クラック等が発生する
ハンダ付け部分の再ハンダ
06

コーティング

塩害・湿気・有毒ガス等の外的要因による
トラブルを未然に防止する
基板全体のコーティング処理(表面塗装処理)

基盤予防保全メニュー

01
パワー半導体素子交換
一般的に電流が多く流れて熱を持つので、
長期間使用によりゲート層が疲労劣化・疲労破壊が進む

独電源系や大電力回路又は大電流回路に用いている部品の新品交換故障を解析し修理します。基板修理で機械を蘇生するため、買い替えによる新規設備の導入は必要ありません。
02
リレー及びフォトカプラ検査
機械式接点又は光学部品は長期間使用により劣化し易い

リレー及びフォトカプラを弊社専用検査装置にて検査を実施。故障又は劣化を認めた物は新品交換いたいます。
03
コンデンサ容量検査・新品交換
電子部品の中で最も弱い部品。通電電流、
環境温度により劇的に劣化が進む

容量が抜けかけている(劣化を認めた)物は新品交換特に電解コンデンサ、タンタルコンデンサ等
04
ハンダ再生
長期間使用によりハンダ部分の
劣化、亀裂、クラック等が発生する

ハンダ付け部分の再ハンダ
05
洗浄
長期間使用により各種の汚れが付着して
短絡等の故障原因になる

洗浄剤によるフラックス汚れ・腐食・粉塵・湿気等を除去
06
コーティング
塩害・湿気・有毒ガス等の外的要因による
トラブルを未然に防止する

基板全体のコーティング処理(表面塗装処理)
07
データバックアップ
不慮の事故・災害によるデータ消失に備える

データを専用システムで扱い出して、
同型の新ROMに書き込みを行う
予防保全のお問い合わせ
※一般家電製品及び個人向け電子機器は対応しておりません

修理の流れ

01
見積もりのご依頼
02
修理品のお預かり
03
診断・お見積もり
04
修理進行
05
解析・修理
06
納品

よくあるご質問

メーカー保証切れで回路図もありません。修理可能ですか
数万件の修理実績データベースと独自のノウハウ、専用機器で基板の故障を解析し、修理します。回路図がなくても修理可能です。
海外製電子機器・基板でも修理可能ですか
日本製、海外製問わず、修理可能です。欧米製・アジア製等、製造国に関わらず電子機器・基板のトラブルの際はお気軽にご連絡ください。
出張修理できますか
必要交換部品があれば現地での修理は可能です。現地での修理をご希望の場合は、1回目の出張にて現地解析を行い、2回目の出張で修理作業を行います。
納期はどれくらいですか
平均納期は約1週間です。修理品により変動しますが、1週間から3週間での完了を目標とさせて頂いております。

お問い合わせ

メールでお問い合わせの方
※一般家電製品及び個人向け電子機器の修理は対応しておりません

基盤修理
お問い合わせはこちら
故障解析
お問い合わせはこちら
予防保全
お問い合わせはこちら
その他
お問い合わせはこちら

お電話でお問い合わせの方
※タップすると発信画面に移動します。

東京支社
03-3960-8096
名古屋支社
052-756-2096
関西支社
078-855-3985
西日本支社
086-456-0610
九州支社
093-512-9730

会社概要

■社名
株式会社ラヴォックス ホームページはこちら

■本社所在地
〒174-0051 東京都板橋区小豆沢1-23-2
TEL 03-3960-8096 FAX 03-3960-8425

■名古屋支店
〒453-0863 愛知県名古屋市中村区八社1-130
TEL 052-756-2096 FAX 052-756-3907

■関西支店
〒651-0084 兵庫県神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸 13階
TEL 078-855-3985 FAX 078-855-3986

■西日本支店
〒712-8051 岡山県倉敷市中畝(なかせ)2-8-23
TEL 086-456-0610 FAX 086-456-0630

■九州支店
〒802-0003
福岡県北九州市小倉北区米町2-2-1 新小倉ビル本館 603号室
TEL 093-512-9730 FAX 093-512-9731

■ラヴォックス上海
日希机电(上海)有限公司 出資比率:株式会社ラヴォックス100% 上海市普陀区千陽路271弄12号2F
TEL 86-21-3980-8180 FAX 86-21-3980-8063 EMAIL y-hu@loveox.com.cn ※中国語対応

■代表取締役
牛嶋 渉